ナノシャイン ナノシャイン

ナノ技術を使用した新世代ガラスコーティング!

水と複合体セラミックによるガラスシールド膜を形成

独自のコーティング技術により化学薬品を一切使用せず、水と複合体セラミックだけを使用して簡単に、かつ様々な対象物へガラス質のシールド膜を形成させる技術です。(特許出願中)
新世代カーボディケアとして独自開発された「ナノシャイン」その特性は、今までにない全く新しいガラス系コーティングです。
普通の水道水を複合体セラミック内臓装置に通過させることで、皮膜成分となるシリカ系分子がナノメートルレベルで溶けだします。その電荷を帯びたシリカ系分子が車のボディ面の分子間まで浸透し無機質100%の強力なガラス膜を形成。ナノメートルレベルのごく薄いガラス系の被膜を形成することで、施工後の車は新車時の自然で瑞々しい輝きを取り戻します。しかも月に1~2回程度の水洗い洗車だけというごく簡単なメンテナンスで、その状態を長期間持続させます。

また、ナノシャインの技術をビルメンテナンスの現場向けに応用開発した「ナノステップ」を商品化。ビルメンテナンスの作業効率アップを図りながら、コストダウンを実現する商品としてビルメンテナンスの現場から熱い注目を集めています。さらに床洗浄用循環装置『ナノメンテ』の商品化にも成功し、日常清掃作業においても活躍の場を広げています。

ナノシャイン関連資料

>>『ナノシャイン ドキュメンタリー動画』